名前の読みは難しい 柳之の巻

父の雅号は「柳之」で「りゅうし」と読みます。知らないと読みにくい名前かもしれません。

そう気づいたのは、宅急便が届いた時。最近、配達の人が名前を読み上げて確認することがありますが、「こまだ りゅうし」と読む方はまずいません。

宛名ラベルの「駒田柳之」というを見て「こまだ」と読んだあとに、無言で固まってしまうか、一瞬詰まってから「やなゆき…さん?」。

さらに「で、お間違いないですか?」と聞かれては、こちらも答えに一瞬詰まってしまいます。この家の人という意味では確かに間違いないですが、読み方は…。

忙しそうな配達の人にわざわざ訂正するのもなんなので、「はい」とだけ答えて荷物を受け取る私。心の中で「『やなゆき』かぁ、なるほどね〜」と思いながら、つい苦笑いしてしまうのでした。