動画「ノコギリで材料を切る(その3)」で使用した2つのノコギリ

黄色い柄が「便利のこ」、青い柄が「プラのこ240」。

動画「ノコギリで材料を切る(その3)」で使用した2つのノコギリについて少し解説します。

最初に使っているのは、前の二つの動画と同様、カッターで有名なオルファの「便利のこ」です。小さくて、文字通り便利なノコギリでしたが、同社のサイトにも見当たらず、もう製造されていないようで残念です。

二つ目のノコギリ(7:22あたりから使用)は、バクマ工業の「プラのこ240」です。塩ビのパイプやプラスチック類の切断が本来の用途らしいですが、木や牙角類にも使用できます。(ちなみに240は240mm、すなわち刃の長さを示しています。)

父いわく「実は、もっと切れ味のよいノコギリはいくらでもあって、そういうノコは材料が切れ始めればどんどん切れるけど、入り(「いり」と言って、最初の切り始め)の時にひっかかりが良すぎてスムーズにいかない。鉛筆などで引いた線の通りにまっすぐ切れなくて、他のところを傷つけてしまうことがある。カルチャー教室で教え始めてから、初心者でも扱いやすそうで手頃な値段のノコギリをいろいろ探して、この『プラのこ』にたどり着いた」とのこと。

「プラのこ」本体は2,000円以下、替刃も数百円程度です。軽くて(便利のこ75g、プラのこ110g)使いやすいので、私も気に入っています。そういえば10年以上前ですが、このノコギリで象牙を輪切りにしたことがあります。時間はかかりましたが(確か30分くらい)、私のような腕力のない素人の女性でもなんとか一人で切ることができました。

Amazonでの「プラのこ」本体はこちら:
https://amzn.to/35zm7GN

替刃はこちら:
https://amzn.to/3nAr9ZH

http://koryuen-jp.com/wp-content/uploads/2019/04/okame-face.jpg

他のお店の方が安い場合もあります。

香柳園はAmazon.co.jpアソシエイト・プログラムに参加しています。上記のリンクをクリックしてご購入いただくと、香柳園に少額の手数料が入ります。