【本/日本語】『鳥と根付 春秋の物語:レンズを通して』

高円宮妃久子殿下著
ハースト婦人画報社、2022年5月30日発行
本文、キャプションともに日本語

高円宮妃久子殿下が月刊『婦人画報』にご寄稿され、2022年で12年目を迎えた人気の巻頭連載「レンズを通して」。

本書は2016年から2021年の掲載分から抜粋し、『鳥と根付 春秋の物語』という1冊にまとめたもの。約60本の連載が「環境保全問題」「伝統の継承」といったテーマ別に再編集されている。

巻末には、日本根付研究会元会長の渡邊正憲氏が他のお二方とともにお言葉を寄せている。

中身をちょっとご紹介

出版社さんからのメッセージ

妃殿下が、みずから望遠レンズを駆使して、撮影されるダイナミックな鳥の写真、接写レンズでとらえられる生き生きとした表情の根付の写真を生かすため、単行本としてはやや大きめの判型を採用しました。

久子さまの含蓄溢れる珠玉のエッセイとともに、学びと気づきの多い一冊となっています。

ダイナミックな鳥の様子をとらえたみごとなカメラワーク。
http://koryuen-jp.com/wp-content/uploads/2019/04/okame-face.jpg

根付と世界情勢に造詣の深い妃殿下ならではのご本です!

一冊税込2,950円
Amazonで探すにはここをクリック

ハースト婦人画報社:https://www.hearst.co.jp

画像 ハースト婦人画報社 (c) 2022


香柳園はAmazon.co.jpアソシエイト・プログラムに参加しています。上記のリンクをクリックしてご購入いただくと、香柳園に少額の手数料が入ります。ありがたく香柳園の活動に役立てたいと思います。